Pastoral Staff

Rev. Christian Zebley, Pastor

Christian and Kay have served in Japan as Presbyterian missionaries since 1998. They first came to Japan as Mission Co-Workers of the Presbyterian Church USA in partnership with the United Church of Christ in Japan from 1998-2006.  They returned to the States from 2006-14 and served in Los Angeles, California and Montreat, North Carolina. They are thankful to be the parents of Anna, Emma, Kristina, Isaiah, Abigail and Molly.  

The Zebleys love Japan and consider Tokyo their “home” having lived here for fourteen years.  Four of their children have been born in Tokyo.  Christian and Kay originally met in the little town of Swarthmore, Pennsylvania.   A small, suburban college town near Philadelphia while Christian was attending Swarthmore College and Kay was studying nearby at the The Baldwin School.  Christian grew up in a Presbyterian pastor’s home and lived in several states growing up.  Kay grew up in a US  Navy family and lived in Hayama, Japan for three years in the early 1980’s while her father served nearby at the Yokosuka Naval Base.  During this time she attended a Japanese elementary school in Hayama.  The Zebley kids now attend the local Japanese elementary school in their neighborhood.

Christian is ordained in the Evangelical Presbyterian Church (EPC) and a member of the Presbytery of the MidAtlantic.  The Zebleys live and serve in Japan through a partnership with the Japan Presbyterian Mission.  They are also members of JEMA, the Japanese Missionary Evangelical Assocation and prayed for and supported by congregations and individuals across the United States, Japan and other nations.  Their prayer is to be a visible witness of unity among followers of Jesus Christ across denominations.  Since 2015, Christian has been involved in planting a new international church in the Roppongi district of Tokyo.  Redeemer Church of Roppongi is in partnership with WTUC and Redeemer Presbyterian Church in NYC through the City-to-City Asia church planting network.

牧師クリスチャン&ケイ・ゼブリー夫妻は、アメリカ長老派(教会)の宣教師として1998年から日本で奉仕してきました。 ふたりは2006年から2014年の間アメリカに戻り、カリフォルニア州ロスアンジェルスとノースカロライナ州モントリートで奉仕しました。ふたりは2006年にアメリカに戻り、2014年まで、カリフォルニア州ロスアンジェルスとノースカロライナ州モントリートで奉仕しましたが、2014年3月に再び日本に戻り、以来日本で奉仕を続けています。ふたりは、アナ、エマ、クリスティナ、アイザイア、アビゲイル、そしてモリ―の6人の子どもたちの親として幸せです。 ゼブリー一家は14年に渡って日本で暮らし、日本を愛し、東京が彼らの‘家’だと思っています。6人の子どもたちのうち4人が東京で生まれました。

クリスチャンとケイは、ペンシルバニア州の郊外の小さなカレッジタウン、スワースモアで、クリスチャンはスワースモア大学に通っていたとき、そしてケイはその近くのボールドウィンスクールで学んでいたときに出会いました。 クリスチャンは長老派の牧師である父の家庭に生まれ、いくつかの州に移り 住みながら育ちました。 ケイはアメリカ海軍の父の家庭で育ち、彼女の父が横須賀基地で勤務していた1980年代初めの3年間、横須賀に近い神奈川県の葉山に住んでいました。 その間ケイは葉山の日本人の小学校に通っていました。 ゼブリー家の子どもたちは彼らのうちの近所にある日本の小学校に通っています。

クリスチャンはアメリカの福音長老派教会(Evangelical Presbyterian Church)に按手されている牧師で、また中大西洋地域長老派教会中会の会員でもあります。ゼブリー家はミッショントゥーザワールド(MTW)の日本支部とのパートナーシップを通じて日本で奉仕しています。 また、日本福音主義宣教団の会員でもあり、アメリカ、日本、そして他の国々の集会および個人に祈られ、支えられています。 彼らの祈りは宗派を越えてイエス・キリストの信者の間で、目に見える結束の証人となることです。 六本木リディーマー教会は、クリスチャンがパートタイムの牧師として奉仕する三鷹市の西東京ユニオン教会と、ニューヨーク市にあるリディーマー長老派教会のシティ トゥ シティ アジア教会開拓ネットワークを通じてリディーマー長老派教会とのパートナーシップにおいて開拓されています。

You are very welcome to join us for worship at West Tokyo Union!  Please join us!

pastor@wtuc.net; 070-1272-3984